スマホのゲーム事情

スマホのゲームに課金するかカラコン買うか

スマホのゲームで課金をするのって簡単に出来ちゃうので、あまりハードルは高くないんですよね。私もちょいちょい課金をして一か月の請求金額を計算するとかなりの金額になっていたりします。

 

で・・・カラコンってなにさって話しですが・・・。カラコンってワンデーを両眼つけても安いですよね。本当は・・・です。しかし何セットも同時に買うので、一気に払うお金が数千円になるじゃないですか。そうなると躊躇してしまう自分が居るんですよね。

 

ゲームの課金も一日100円とか200円とかです。ジュースを買う感覚ですよね。実はこの缶ジュースも毎日買っているとかなりの金額になるんですよ。私は根っからの缶コーヒー好きで一時は一日5本くらい飲んでいました。5本で600円・・・。一か月で1万8,000円ですね〜。めっちゃ高いです。これを一気がいは出来ないですね〜。カラコンもその状態なんです。

 

カラコンが家の前のお店で売っていて、両眼で150円とかだったら毎日買ってしまいますよね。でも30セットで5000円と言われると悩んでしまいます。不思議なもので、同じ金額を使うのもちょっとづつ買うより、まとめ買いは買いにくいと言うことですね。

 

自動販売機がこれだけ普及したのもそういった要因があるんでしょう。コンビニがこれだけ乱立しているのもこのような心理なんでしょうね。スーパーだとまとめ買い。コンビニは今必要なものだけ。実はコンビニの価格って高いじゃないですか。なのにみんなたくさん利用するのは、毎日少しづつ買うことができるからですね。

 

さて、スマホの話しに戻ると、最近はまとめ買いがお得!みたいな売り方をしているゲームがありますが、あれは失敗なのでは?と思ってしまいます。よっぽど割引率が高ければかうかもしれませんが、今度はちょいちょい買うユーザーが損をしている気分になりそうだからです。

 

それとも、まとめ買いをするようなユーザーだけをターゲットにしているんでしょうかね?携帯時代のようにサイト閲覧で一か月100円とかでたくさんのユーザーを集めるって感じではなくなっているのでしょうかね。細木さんがあれで、めっちゃ儲けたようですが・・・・。時代は変化しているのかな?とも思っています。